Information

成人式前撮り撮影
2020.9.27Information

大変涼しくなりましたね。
日中も過ごしやすくなって来て気持ちがいいです。

 

この時期になると
スタジオでの成人式前撮り撮影が少しずつ始まります。

先日も二組様の撮影をさせていただきました。

 

tametoma写真スタジオに来ていただくのはみなさん初めての方が多く
結構な割合で同じリアクションをしていただきビックリされます笑

「え!こんな何もない田舎のど真ん中に来るまでに不安だったけど、思った以上に写真スタジオだった!」

って感じでしょうね。。。笑

 

そうなんです、ホームページからは伝わらないくらい周辺環境がチョー田舎です笑

そんな田舎にある写真スタジオのイメージとは逆に
実はtametomaでは他のスタジオとは違いがあります。

 

・非常にシンプルな写真。

・写真現像、プリント、アルバムなどの仕上げにはこだわりを持っている。

・モノクロ専門での撮影も行っている。(記念写真、遺影写真、結婚式の撮影、ポートレートなど)

・カメラ好きで機材も豊富に揃えている。

‥‥‥‥。

 

まだまだ伝えたいこと沢山あるのですが
こちらはまた後日詳しくお話ししますね!

 

 

 

滋賀、彦根/写真スタジオ(tametoma)
家族写真、成人式前撮り、七五三など
撮影に関するご相談はこちらから↓

studio

写真スタジオで美味しいコーヒー?
2020.9.6Information

「やってみたい」

そう思ったら最後、私の悪い癖(笑

 

近日、土曜日限定でギャラリー隣のロビーで喫茶を始めようかと思います。
(まだスタートの日は決めておりません)

コーヒー豆にはこだわっており、
多賀町にあるアイビーンズコーヒーさんのご好意で豆を仕入をさせてもらえることになりました。
週替わりでアイビーンズさんオススメの豆を1種類ずつ配達していただきますので、
毎週違う味を是非お楽しみください。

 

 

実はここだけの話、コーヒーとの相性が良いデザートのご用意も考えております。
シークレットでとあるシェフに
この喫茶のためだけに美味しいガトーショコラを考えていただいております。

写真にもチラッと写っていますが
喫茶のサウンドは JBL4311B から流れるアンビエントミュージックを背景に。

ほんと私の趣味程度で始めますが
しっかりとこだわりはございます。
興味ある方は是非楽しみにしていてください。

写真スタジオにギャラリーと喫茶。
なんかワクワクしません?笑

滋賀の彦根方面に来られた際は
この隠れ家的な写真スタジオへ是非コーヒーを飲みに来てください。

(また日時は告知いたします)

フジフィルムXT-4で動画撮影。
2020.8.3Information

 

早朝。

ちょうど日が昇りかけたころに山へ向かう。

なんとも言えない空気感とフジのトーンは相性がいい。

 

 

先日購入した富士フィルムのXT-4を使用した。

使い慣れていないRonin-SCと苦戦しながら動画を撮影する。

ジンバルが思った以上に思い通りに動かず難しかったのと

この日に活躍したドローン、DJI Mavic Proもなかなかのテクニックを要する。

動画撮影は本当に難易度が高いです。

撮影技術はもちろん必要ですが、流れの構成から、撮影シーンの選択、アングル、トリミングセンス、

あとは編集の技術とセンスなどなど。

全てにセンスが必要となる。

 

これにしっかりと最終の描が見えてないといけないという。。。

なんでもそうなんですけどね。

 

tametomaのホームページが完成しました。
2020.8.1Information

 

 

ようやくという感じで。

 

tametomaのホームページが完成しました。

事務所ができて三年が経ち、本当にいろんなことがありました。

新たなスタートです。

 

 

スコットランド展
2019.12.15Event

スコットランドでの旅の写真を
撮影した数百枚の中からモノクロ写真を12点を厳選。

グラスゴーで行った写真展「低音」からの物語は続きます。

滞在していた街グラスゴーからエディンバラへ移動し、
そしてもっとも楽しみにしていたスカイ島での滞在。
レンタカーで数日間を移動した大自然の風景。

旅路で出会った様々な風景を、感じて見てください。

 

<カメラの話を少し>

今回持って行ったカメラはハッセルブラッドの500CMフィルムカメラと
富士フィルムのxpro2デジタルカメラ。

フジのカメラは本当に軽くてすごく旅にぴったりなカメラ。
おすすめです。

プブリオとの時間
2019.11.21Event

 

出会ったのは五年前かな。
下北沢で飲んでいた帰りに路上で演奏していた一人の旅人らしき男性。
ギターの音を聴いてそのまま足が止まって結局最後まで聴いていたかな。
なんとも言えない、物悲しく美しい音色だった。

出会いはそんな感じで、
その帰りの電車でたまたま一緒になり、話しかけたのがきっかけで彼とは繋がったんだけど、
それから何度か僕の地元にプブリオにきてもらって
ライブを企画したりした。

それからフェイスブックから彼がいなくなり連絡取れなくなっていたんだけど
ふとメールアドレスが出てきて三年ぶりに連絡をし見た。

そんな流れでたまたま日本に来るタイミングと重なって
Publio Delgado(プブリオ・デルガド)がスタジオにきてくれた。

そして、沢山の人を招いてライブを開催した。

五年前の路上で聞いた音よりも
遥かに悲しみも深く繊細に美しくなっていた彼の音に、
その日同じ時間を共有した人たちは
心奪われたに違いない。

 

 

 

低音
2019.11.21Event

 

「スコットランドでの写真展」

 

それは僕にとって夢だった初めて海外での写真展。

展示会場はグラスゴーのカフェ「MONO」。
グラスゴー出身のロックバンド  THE PSATELS のメンバー Stephen Pastel 氏が経営しているカフェです。

そこで開催を企画してくれた滋賀の酒蔵で働いていた友人。
彼の目的は「大好きなスコットランド、MONOで鏡開きをし、日本酒を地元の人たちに振る舞いたい」という一貫した思いだった。

そんな熱い彼の想いに便乗させてもらい一緒に写真を展示させてもらいました。
ハッセルブラッドで撮影したモノクロフィルム写真を12点展示。

スコットランドで日本酒と写真。素敵だ!